子連れでサンパウロからボニートまで10時間移動。ブラジル子連れ旅⑥3日目

3歳と5歳の子供を連れてのブラジル。

ボニート、レンソイス砂漠への体験記です。

さて旅行3日目。

今日はサンパウロからボニートへの移動日。

ボニートへ行くにはサンパウロからまずカンポ・グランデ空港へ飛び、そこからバスになります。

旅行の概要はこちら。

スポンサーリンク

フライト LATAM航空を初利用

サンパウロ⇔カンポグランデ往復、4人で座席指定含め845.6ドルでした。

購入したのは約1ヶ月半前なので、もう少し早ければもうちょい安いのかも・・?

今回はLATAM航空を初利用。

悪い口コミも色々ありますが、今回、我が家は問題なく利用できました。

LATAM航空についてはこちら。 

サンパウロからカンポグランデ空港へ

サンパウロGRU空港を9時台に出発、約1時間半のフライトです。

ちなみにブラジルは子供にとーっても優しいです。

空港でも、お年寄り&小さい子連れの優先レーンがあり、

3歳と5歳なのに普通に通らせてくれました。

アメリカでは年齢聞かれて2歳以下しかダメ、って言われます。

厳しいな〜

日本もそうだよね。

カンポグランデとは1時間の時差があるので、10時に到着!快晴◎

ボニート行きのバスは11時半発だったので、

それまで空港で時間を潰しました。

カンポグランデ空港には何がある?

とは言うものの、カンポグランデの到着ロビーはコンパクト。

いくつかのツアー会社があり、カフェが数店。

あとちょっとしたお店が数店、という感じ。

この後乗るバスは所要時間4、5時間。

その間にランチ&トイレ休憩が20分ほどある、というのが事前情報。

けど初ブラジルで子供の食べられるものがあるかも不安だったのと、

出発まで時間もあるので、ちと早いけど空港のカフェで軽く食べることに。

メニューも店員さんもポルトガル語。

よく分からぬまま恐る恐るチーズサンド等頼みましたが、普通に美味しかったです!

正直、アメリカではご飯が子供の口に合わないことが多々ありますが、

この旅でご飯に困ることは無かったです。

ブラジルのご飯は日本人の口に合う気がする。

カンポグランデ空港~ボニート間のバス

今回、ボニートのツアーはホテルから紹介されたツアー会社に一任。

送迎はツアー会社がさらに委託?してるようで、

到着ロビーにあるVanzella Transportesというツアー会社のデスクに行くように、との事でした。

場所はすぐ分かります!

空港到着時に行って名前を伝えると、出発の15分くらい前に来て、との事。

中では多くの人が座って待ってました。

ちなみにこの会社、サイト上で自分でも予約できます。

別のツアー会社を通してだったけど仲介料はほぼ取られてなくて、1人片道90R$でした。

良心的だよね。

時間になると、みんなでぞろぞろとバスへ移動。

ちなみに席は先着順です。

子供のトイレで出遅れた私達はほぼ最後に乗り込み、隣同士の席が無い事に。。

子連れだったので見かねて優しい人が変わってくれました。

ほんと助かった。。

席選びたい人は早めに待機して並びましょう!

バスはふかふかのシートで座席も倒せるし思った以上に快適♪

バスの中にトイレもあって助かりました。

ボニートの街に着くと、それぞれの乗客のホテルの前まで連れてってくれます。

私たちが泊まったホテルは比較的最後の方で、着いたのは17時くらいでした。

今日のホテル : ホテル ポサダ アグアス デ ボニート

大人2人子供2人で1部屋、3泊朝食付で446ドルでした。

このホテルを選んだポイントは

①英語で空港からの送迎バスやツアー予約が可能。

②設備としては温水プール、子供の遊び場、ホテル内にレストランがある。

③ゆっくりできそうなリゾートホテル

実際泊まった感想。

とてもよかったです。

ホテルの入り口はこんな感じ。

右手がフロント、左手奥に見えるのがツアーデスクです。

ツアーデスクが敷地内なので、ツアー行くのも、とても便利でした。

ホテルに着いたらツアーデスクに寄って、と言われていたので行き、

明日・明後日分のバウチャーをゲット。

ツアーの説明とともに、ボニートでオススメのレストランを教えてくれたりととても親切。

敷地の中心に屋外プール、ハンモックなどのある休憩所、レストランがあり、

その周りに小さな1戸建てが点在していて、そこが各部屋。

私たちは1階の部屋でした。

残念ながら屋外プールは工事中で使えず。

とはいえ7月の冬の時期、使えても寒すぎて入れなかったかな。

中心奥が屋外プール。左手奥がレストラン。

庭が広くて椅子やテーブルもあり、外でゆっくり過ごすこともできます。

走り回れるので子供たちも大はしゃぎ!

色々探検してました。

このホテルのすごいところ。

スナックタイムなるものがあり、その間、パンやケーキ・ちょっとしたフルーツが無料で食べ放題なのです!!

コーヒーや牛乳、ジュースなどの飲み物も無料。

レストラン。これはスナックタイムの時。

これすごくないですか?!

時間がうろ覚えなのですが、確か14時くらいから17時半までだったかな・・

なので私たちはスナックタイム中にレストランに行き、

お腹を軽く満たしてから、そのまま夕飯を頼んでそこで食べてました。笑

ご飯も美味しかった。

普通にスープ・サラダからパスタ、肉料理・魚料理、リゾットなどなど。

ツアーもホテルからだし、ごはんもホテル。

ほんとにツアー以外で一切ホテルから出ず。

ちなみにホテル自体は街の中心から少し離れているので、

街中が良い方にはちょっと不便かも。

ホテル内でゆっくり過ごすのに向いてます。

レストランの裏手には屋内の温水プールが

こじんまりしたホテルだからか、冬で閑散期なのか、プールもほとんど独占状態でした。

人が来ても1組いるかな、くらい。

暖かいジャグジーもありゆっくりできます。

プールサイドまでジュース等持ってきてくれました。

最高!!

ちなみに上の娘はここの生絞りスイカジュースが本当に美味しかったようで、いまだに言ってます。

あそこのスイカジュースが飲みたい、と。

プールの近くには、卓球やジム、子供向けのプレイルームもあります。

部屋自体はきれいだけど質素な感じ。

時間帯によってはシャワーが若干ぬるい時もありました。

3泊したので途中ランドリーサービスを依頼。

朝フロントに持ってくと、夕方には返ってきました。

4・5日分の洗濯物で、お値段R$245でした。

全体的に豪華なリゾートホテルって感じではないですが、

こじんまりしてて、スタッフの方も感じが良く、

子供と過ごすにも最適でした。

もう一度ボニートに行けたら、またぜひ泊まりたい^^

そんなこんなで本日約10時間の移動でしたが、

バスでは完全に爆睡だった子供たち。

ホテルに着いてからもプールで遊ぶほど元気いっぱい。

明日はようやくボニートの川ツアーです!

⑦へ続きます。

タイトルとURLをコピーしました